2009年 02月 27日 ( 1 )

反発~ドレッシング!?

今日の東京株式市場は反発しました。


日経平均 7,568.42(+110.49)円
TOPIX 756.31(+14.18)
225先物(09/03) 7,560(+130)円


USD/JPY(15:30) 97.83円(みずほCBリファレンス)



・引けの成り買いは結構大きく入りました。


・NY市場。朝方発表された経済指標では、1月の耐久財受注が-5.2%、新規失業保険申請件数が66.7万件となり、過去最高水準となりました。また、GMの決算では調整後EPSは9.65ドルの赤字、08年末の手元資金は140億ドルと発表されました。寄り付きは高く始まったのですが、オバマ大統領の予算教書について、医薬品メーカーが低所得者向け医療制度の患者に払い戻す必要がある金額を政府が引き上げる方針となったことから医薬品株が急落。メルクが-6.7%。終盤にかけてFDICが問題のある米銀の数が2008年第4四半期で252行となり、前四半期から50%増加したことから金融株も次第に上値が重くなり、DJIAは88ドル安で引けました。債券市場は軟調、7年債入札で応札倍率が2.11倍となり、まずまずとの評価だったものの、予算教書において今会計年度の財政赤字は過去最大の1兆7500億ドル、GDP比12%となったことが嫌気材料となりました。10年債利回りは3.00%(前日は2.93%)。



・東京市場・前場。寄り付き前の外資系証券の売買注文動向は、11社ベースで売り2100万株、買い1400万株、差し引き700万株の売り越し、金額9社ベースでも売り越しとの観測となりました。今日は月末ということもあり、各種重要指標の発表がありました。


 1月完全失業率・・・4.1%(市場予想4.6%)
 1月全国コアCPI・・・前月比0.0%(市場予想-0.1%)
 1月消費支出・・・前年同期比-5.9%(市場予想-5.5%)
 1月小売業販売額・・・-2.4%(市場予想-3.0%)
 1月鉱工業生産指数・・・-10.0%(市場予想-10.0%)


このようなものとなりました。寄り付きは小幅高で始まりました。その後、一旦先物で7,400円まで売られたものの、その後は戻していく展開、10時台にかけては7,500円近辺のところでのもみ合いとなりました。ドレッシング期待はあったものの、動意には欠ける展開となっていました。外為市場では仲値でのドル過剰が指摘されたり、本邦失業率が改善されたいたりするなどしてNYの高値98.72円から反落、97円台半ばでの取引となっていました。


a0120390_2010893.gif



・後場。内需関連株の一角に値を飛ばす銘柄が見られ、しっかりの展開で推移しました。12時50分過ぎに一時7,590円まで買い進まれ、一段高となっていきました。その後は7,500円台半ばでのもみ合いとなり、引けに成行買いが結構控えているとの観測が下支えしていく形となりました。ただ、14時45分過ぎからポジション調整の売りも出され、先物で7,500円を割り込む場面があり、上げ幅を縮小したものの、大引けには加重型で引け成り買いがかなり入り、終値は23円ほど高いところで取引を終了しました。債券市場は終日レンジ取引となりました。JGBFは7銭安の139.50円。



・朝方の鉱工業生産に関しては、生産の落ち込みがそろそろボトムに来ているのかもしれない、ということを示唆していました。生産予測調査では3月に2.8%増加、また在庫指数も前月比-2.0%となったことで、在庫が捌けてきた印象もあります。


鉱工業生産指数と在庫率指数の推移(出所:経済産業省)


a0120390_20104046.gif



少なくとも、フリーフォール経済の中で、前月までのように生産が落ち込む中で在庫が積みあがる、という構図からは脱却できるかもしれないという意味ではまずまずの内容だったな、という感じです。


・それでは今週もお疲れ様でした。よい週末をお過ごしください!


-------------------------------------------------------------------------------------

「多彩な執筆陣と本物を見抜く読者が創り上げる」新しい形態の新聞、ビスタニュース

人気ブログランキングへ
[PR]
by kabu-gion | 2009-02-27 20:12 | マーケット雑感