2009年 03月 05日 ( 1 )

続伸~China Rally!?

今日の東京株式市場は続伸しました。


日経平均 7,433.49(+142.53)円
TOPIX 741.55(+9.51)
225先物(09/03) 7,410(+140)円


USD/JPY(15:30) 99.44円(みずほCBリファレンス)



・タイトルに「続伸」と書くのはブログ再開後初めて!!ってことはここ1か月は続伸がなかったということです。


・NY市場。朝方発表された経済指標は、ADP雇用レポートで2月全米民間雇用者数が69万7000人減、市場予想を下回るり、また2月のISM非製造業景気指数は41.6(1月は42.9)となりました。中国の追加景気刺激策から原油やロンドンの非鉄相場が堅調だったことを背景に素材・エネルギー・建機関連が買い進まれました。キャタピラーが13.22%上昇、アルコアが12.84%上昇。また議会が住宅市場対策で合意という観測も相場を押し上げました。但し、発行体格付けの格下げ懸念からGEが売り込まれ、6ドル割れの場面まであってやや上値を重くしました。結局DJIAは149ドル高、SP500は700の節目を回復、CME225先物は大証比115円高の7,385円。債券市場は軟調。アナリストによる今年の国債発行額が2兆ドルに達するとの観測や株高を背景に売られたものの、ベージュブックにおいて米国経済は2009年末~2010年初までは改善しないとの見通しを示したことからやや持ち直し、10年債利回りは2.99%(前日は2.88%)。


・東京株式市場・前場。寄り付き前の外資系証券の売買注文動向は、11社ベースで売り3720万株、買い2940万株、差し引き780万株の売り越し、金額9社ベースでも売り越しとの観測となりました。8時50分に発表された10-12月法人企業統計では設備投資額が前年比-17.3%(Est.-16.6%)となったことからSGXでは伸び悩みとなりました。朝方は買い気配で始まり、先物で7,340円でスタートしました。中国関連といわれる商社、海運、鉄鋼、建機などのセクターに値を飛ばすものがみられました。そして9時20分前から先物に数百枚単位で買い物が断続的に入り、7,400円台回復。その後ややもみ合いながらの推移となりましたが、上海市場の寄り付き前にさらなる買い戻しが入り、7,500円まで値を切り上げる展開までありました。上海も続伸で始まり、7,500円台を固めるものの、それ以上のゾーンでは戻り売りも出されたりして、前引けはその値を割り込んで前場の取引を終えました。


a0120390_17421651.gif



・後場。中国の温家宝首相が財政刺激策の拡大について全人代で言及しなかったことから上海市場が値を消し、香港市場もマイナスに推移していたことからSGXも上げ幅縮小する場面があったのですが、中国の株式取引印紙税を引き下げるとの当局の発言から上海市場が切り返す流れから値を戻し、後場寄りは前引けとあまり変わらないところでスタートしました。その後、コア銘柄に伸び悩む動きがあり、GLOBEX米株先物もマイナスサイドだったことから指数も上値が重くなる展開となり、7,400円台での取引となりました。14時から始まる上海市場の後場寄りが堅調だったことから再度7,500円台を試すものの、上値での戻り待ちの売りに押され、引け際には加重型のまとまった売りも加わり時価総額上位銘柄がマイナスに沈んで伸び悩んで大引け。債券市場は終始軟調展開、30年債入札においてテールが31銭に流れたことからやや不調との見方があり押し目を拾う動きも限定的。JGBFは40銭安の138.59円。


・今日は公的というよりも、先物へのショートカバーが目立ったかな?という感じですね。市場観測で今日は公的年金の買いが300億程度だったこと(昨日は450億との観測)で、市場の期待に対してやや肩透かし、という感じだったのかもしれませんね。終盤の加重型の売りでトヨタが変わらずだったり、みずほ以外のメガバンクやNTT、キヤノンあたりがマイナスに沈んでいたのも印象的で、引け味としてはやや今晩のNYを警戒した動きだったかもしれません。トヨタに関しては米部門の幹部が業界再編に関する当局の作業部会に出席する、という話もあり、ビッグスリーへの懸念が少し蒸し返された感じもありますね。


・投資主体別売買動向。先週も信託(≒年金)の一手買いの構図。外国人と個人信用の売りを吸収するような感じです。


投資主体別売買動向(出所:東証)


a0120390_1741508.gif



あまり主体別の売買手口は変わっていないのですが、外国人の売りフローが減ってきてはいますね。この点が需給改善要因につながっていけばいいのでしょうけど、今週に入っても朝方の外資系経由の売り越し株数は結構多いですので、まだまだ売りは出ているというイメージを払拭するには至らずという気もします。



-------------------------------------------------------------------------------------

「多彩な執筆陣と本物を見抜く読者が創り上げる」新しい形態の新聞、ビスタニュース

人気ブログランキングへ
[PR]
by kabu-gion | 2009-03-05 17:43 | マーケット雑感