2009年 06月 23日 ( 1 )

急反落~国際商品安+世界株安

今日の東京株式市場は反落しました。


日経平均 9,549.61(-276.60)円
TOPIX 901.69(-20.79)
225先物(09/09) 9,540(-290)円


USD/JPY(15:30) 95.04円(みずほCBリファレンス)



・今日は何回も取り上げますが、世銀の見通しって昨日の日経夕刊には載っていた話なので、昨日の東京市場で何も反応がなかったのは摩訶不思議という声が多かったようですね。


・NY市場。世銀の報告書で今年の世界経済の成長率をこれまでの-1.7%から-2.9%に下方修正されました。また新興市場株安(ロシアが-4.97%)で国際商品市況が軟調、LME全面安からアルコアが売り優勢の展開、さらに原油市場も4%下落してシェブロンなどのエネルギー株が下落していきました。さらに金融もリセッションの深刻化から下落、取締役会のメンバー2人が辞任したバンカメは-9.68%。そんな形で全面安商況となり、DJIAは200.72ドル安の8,339.01ドル、NASDAQは61.26安の1,766.19となりました。債券市場は堅調。世銀見通しやFOMCの声明文において早ければ年内にも利上げの観測を鎮静化させる内容にすることを検討すると伝えられたことから買い優勢となりました。FRBは年限4-7年の米国債を4億9700万ドル購入したことも手掛かり材料となりました。10年債利回りは3.684%(前日は3.772%)。外為市場ではコモディティの下落からオーストラリアドルが急落、カナダドルなども売られました。リスク回避からドルと円に買いが入りました。


・東京株式市場、前場。寄り付き前の外資系証券の売買注文動向は、10社ベースで売り2540万株、買い1220万株、差引1320万株の売り越し、金額9社ベースでも売り越しとなりました。寄り付きは売り気配で始まり、9,640円で寄り付きました。国際商品市況が安かったことから商社などの市況関連中心に売りが出されました。9時26分には先物にまとまった売り物が出され、9,600円レベルを割り込み9時26分には9,540円まで売り込まれる展開となりました。その後はややもみ合う場面もありましたが、香港市場が始まる10時50分あたりに再度下値をのぞきに行く展開、先物で9,510円までありました。


a0120390_19204823.gif



・後場。後場寄りは前引けとあまり変わらない水準で寄り付いた後、9,540円をコアとして小幅なレンジが繰り返される展開となり、そのまま動きがないまま引けました。債券市場は堅調。国内金融機関からの現物買い観測に加え海外勢の先物買いなどが入り、株安も追い風となりJGBFは44銭高の137.44円。外為市場では朝方からクロス円が売られていく展開、ドル円もそれに引きずられる形で一時94円台に突入する場面もありました。



・世銀の話は冒頭にも書いたように昨日の日経夕刊にそんなに大きくないスペースで書かれていたのですが、21日発表のものであり、それを材料で売るなら東京から始めれば良かったのに、という感じでしょうかね。商品とか株式とか買い持ちしていてポジションを一旦外したい向きが針小棒大にこのネタを扱ったという感が強いですね。3月から騰勢を強めたロシアがここのところで20%下げてきたのでベア・マーケット入りとかいう話もありますから、とりあえず3月からの反騰相場の調整局面なんでしょうね。一目の日足基準線(9,648円)を下に抜けたのが4月28日、このときはダマシだったのですけど、今回もダマシにしておかないといつの間にか抵抗線になってしまうような感じなんでしょうか。



・先週も信用買い残を大きく増やすというのはあまり良くない傾向ですね。3市場信用残では、


信用売残 946,850百万円(-72,630百万円)
信用買残 1,498,211百万円(+220,302百万円)
信用倍率 1.58



先週は10,000円を割り込んで押し目を作って戻りが大きくはなかったわけですからしこりをかなり大きく作ってしまったという印象があります。日経10,000に続きTOPIX1,000に必要なのは銀行株だということを書いたのですけど、その銀行の信用買い残の増え方が大きいですね。これをみるとみずほは3005万株増加、三菱UFJは2276万株増加となっています。みずほに関しては売り残も増えていますが買い残の10分の1ですから厳しいですね。日経平均が10,000円に乗せて8営業日、先物10,000タッチを入れると9営業日ですからその高安の中間をとった一目転換線は9,841円ですから、このレベルは当面意識せざるを得ないだろうという気もします。まぁ、これらのしこり玉をふるい落とすには値幅調整と日柄調整が必要となっていくのでしょうね。

-------------------------------------------------------------------------------------


世界の株式・為替・債券・商品相場を解説していく宮地塾
「多彩な執筆陣と本物を見抜く読者が創り上げる」新しい形態の新聞、ビスタニュース

人気ブログランキングへ
[PR]
by kabu-gion | 2009-06-23 19:23 | マーケット雑感