「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:スケジュール( 6 )

今週の予定

今週の予定をまとめておきます。


【国内】

28日 3月小売業販売額
30日 日銀金融政策決定会合、経済・物価情勢の展望3月鉱工業生産
5月1日 3月失業率、3月有効求人倍率、3月全国CPI、4月都区部CPI、3月家計調査

【海外】

28日 米FOMC(~29 日)、米4月コンファレンスボード消費者信頼感指数 
29日 米1-3月GDP速報値
30日 4月ユーロ圏CPI、3月米個人所得・消費支出、4月シカゴPMI、クライスラーが追加支援を受けるためのフィアットとの提携合意期限
5月1日 4月米ミシガン大消費者信頼感指数確報値、4月米ISM製造業景気指数、4月米製造業受注、4月米自動車販売


このようなところとなります。とりわけ日銀金融政策決定会合と展望リポートが注目されます。海外ではFOMCでしょうか。可能性は少ないとされていますが、国債買い入れの増額も指摘する向きもありますが、どうなるでしょうか。あとは国内企業決算が相次ぎます。国内企業決算発表スケジュールはこちらからどうぞ。

今週の見通しについて詳しくは二段波動研究会の会員様向けにレポートにて書いております。よかったら是非どうぞ。

-------------------------------------------------------------------------------------


罫線の中に現れる二段波動を相場観を高めることにより、正確に読み取っていく知識を身につけるために設立された、二段波動研究会

「多彩な執筆陣と本物を見抜く読者が創り上げる」新しい形態の新聞、ビスタニュース

人気ブログランキングへ
[PR]
by kabu-gion | 2009-04-26 21:25 | スケジュール

今週の予定

今週の予定をまとめておきます。


【国内】
13 日・・・3月企業物価
15 日・・・3月首都圏・近畿圏新規マンション販売
17 日・・・3月消費動向調査

【海外】
13 日・・・香港及び欧州主要市場はEaster Monday のため休場
14 日・・・米3月小売売上、米3 月PPI、決算(ゴールドマン・サックス、インテル、J&J)
15 日・・・米3月CPI、2月対米証券投資、3月米鉱工業生産4月NY 連銀製造業景気指数、米4月NAHB 住宅市場指数、ベージュブック
16 日・・・ユーロ圏3月CPI、米3月住宅着工・許可4月フィラデルフィア連銀製造業景気指数、決算(JP モルガン・チェース)
17 日・・・4月米ミシガン大学消費者信頼感指数、決算(シティグループ、GE)


今週はマクロ指標とともに、米主要企業の決算が立て続けに出てきます。とりわけ米銀の決算が続々と出てきており、マーケットはこのあたりを注目していくものと思われます。マクロ系ではNY連銀製造業景気指数及びフィラデルフィア連銀製造業景気指数あたりが先行指標としてクローズアップされていきそうです。


今週の見通しについて詳しくは二段波動研究会の会員向けレポートにて書いております。よかったら是非どうぞ。


-------------------------------------------------------------------------------------


罫線の中に現れる二段波動を相場観を高めることにより、正確に読み取っていく知識を身につけるために設立された、二段波動研究会

「多彩な執筆陣と本物を見抜く読者が創り上げる」新しい形態の新聞、ビスタニュース

人気ブログランキングへ
[PR]
by kabu-gion | 2009-04-12 21:39 | スケジュール

今週の予定

今週の予定をまとめておきます。(なお、予定は変更されることがあります)

【国内】

30日・・・2月鉱工業生産
31日・・・2月家計調査、2月完全失業率
1日・・・3月期日銀短観、08年度国内新車販売

【海外】
31日・・・3月ユーロ圏CPI、1月S&Pケース・シラー住宅価格指数、シカゴPMI
1日・・・2月ユーロ圏失業率、3月ISM製造業景気指数、3月米新車販売、3月ADP雇用レポート
2日・・・G20金融サミット(ロンドン)、ECB理事会
3日・・・バーナンキFRB議長講演、3月米雇用統計3月ISM非製造業景気指数


・新年度入りで経済指標てんこもりとなります。雇用統計は言うまでもないところなのかもしれませんが(これについては相当なネガティブな数字が出なければ多少の振れ程度ならばスルーされそうな気もしますけど)、金曜日の記事にも書いたとおり国内外にマインド指標が控えています。鉱工業生産指数の在庫も加えて「景気ボトムアウト説」が妥当なのかどうか見極めておくべきでしょう。


・それとG20金融サミット。主に金融監督体制や金融商品規制の強化で合意が図られるかという点が注目視されていますが、基軸通貨ドルに関する懸念が裏話レベル(英仏からブレトンウッズ2の話が声高に叫ばれた場合には要注意)でも語られた場合には、マーケットの懸念材料として意識されそうな感じもします。今のところIMF機能強化では合意がみられるのだろうなぁ、という感じもします。あとはECB理事会も注目材料で、やはり「利下げ」+「非伝統的金融政策」の道筋が描けるかどうか、これも注目しておくべきでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------------

「多彩な執筆陣と本物を見抜く読者が創り上げる」新しい形態の新聞、ビスタニュース

人気ブログランキングへ
[PR]
by kabu-gion | 2009-03-29 23:12 | スケジュール

今週の予定

今週の予定をまとめておきます。


【国内】

16日・・・会社四季報・日経会社情報発売、2月首都圏・近畿圏新規マンション販売
17日・・・1月第三次産業活動指数、20年国債入札、日銀金融政策決定会合(~18日)
18日・・・2月鉄鋼生産、日銀白川総裁会見、2月日本製半導体製造装置BBレシオ
19日・・・3月全産業活動指数、3月日銀金融月報、2月全国百貨店売上
20日・・・東京市場休場(春分の日)


【海外】
16日・・・1月対米証券投資、米2月鉱工業生産・設備稼働率、米3月NAHB住宅市場指数、3月NY連銀製造業景気指数
17日・・・ZEW3月景況感調査、米2月住宅着工・着工許可件数、米2月PPI、FOMC(~18日)
18日・・・BOE金融政策委員会議事録、米10-12月経常収支、米2月CPI
19日・・・米3月フィラデルフィア連銀製造業景気指数、米2月コンファレンスボード景気先行指数、北米2月半導体製造装置BBレシオ
20日・・・米FRB議長講演


このようなところとなります。とりわけFOMCと日銀金融政策決定会合が同時に行われていきます。米国に関しては国債の買い取りをいつ、どの金利で行うか、このあたりがなお注目材料といえます。日銀に関しても資金繰り対策オペの追加措置を行うことなどが焦点となっていきそうです。

-------------------------------------------------------------------------------------

「多彩な執筆陣と本物を見抜く読者が創り上げる」新しい形態の新聞、ビスタニュース

人気ブログランキングへ
[PR]
by kabu-gion | 2009-03-15 21:21 | スケジュール

今週の予定

今週の予定をまとめておきます。

【国内】

23日 1月スーパー売上高
24日 1月日銀金融政策決定会合議事要旨、1月企業向けサービス価格指数、20年債入札
25日 1月貿易収支、2月商工中金中小企業景況判断指数
26日 2年債入札
27日 1月家計調査、1月CPI1月鉱工業生産指数、1月商業販売、1月新設住宅着工


【海外】

24日 独2月Ifo企業景況感指数米12月S&Pケース・シラー住宅価格指数米2月コンファレンスボード消費者信頼感指数FRBバーナンキ議長上院銀行委員会で証言、米2年債入札
25日 米1月中古住宅販売FRBバーナンキ議長下院金融サービス委員会で証言、米5年債入札
26日 米1月耐久財受注米1月新築住宅販売、米7年債入札
27日 インド10-12月GDP、ユーロ圏1月失業率、ユーロ圏2月CPI、米10-12月GDP改定値米2月シカゴPMI


このようなところとなります。国内的には27日に結構たくさんの指標が出てきますが、特に鉱工業生産指数に注目でしょうか。予想では前月比-9.8%となっており、生産の落ち込みを確認する形になりそうです。また、在庫調整の進捗にも目を向けておきたいところでしょうか。海外では住宅系の指標と米債入札が控えています。このあたりイールドカーブと応札倍率をみておいておきたいところです。


-------------------------------------------------------------------------------------

「多彩な執筆陣と本物を見抜く読者が創り上げる」新しい形態の新聞、ビスタニュース

人気ブログランキングへ
[PR]
by kabu-gion | 2009-02-22 17:42 | スケジュール

来週の予定

来週のスケジュールをまとめておきます。

【国内】
16日・・・10-12月GDP、米ヒラリー・クリントン国務長官来日
17日・・・12月第三次産業活動指数
18日・・・日銀金融政策決定会合(19日まで)、1月粗鋼生産、1月半導体製造装置BBレシオ
19日・・・1月全国百貨店売上、白川日銀総裁会見
20日・・・2月日銀金融経済月報、1月コンビニエンスストア売上


【海外】
16日・・・米国休場(プレジデンツ・デー)
17日・・・欧州経済研究センター2月景況感調査、2月NY連銀製造業景気指数GMとクライスラーが米政府に再建策を提出する期限、2月NAHB住宅市場指数
18日・・・決算(ソシエテ・ジェネラル)、米1月住宅着工米1月鉱工業生産・設備稼働率バーナンキFRB議長講演1月FOMC議事録
19日・・・決算(BNPパリバ)、米1月PPI2月フィラデルフィア連銀製造業景気指数、1月コンファレンスボード景気先行指数、北米1月半導体製造装置BBレシオ
20日・・・米1月CPI


このようなところとなります。


・本邦では日銀金融政策決定会合が一応の注目でしょうか。金融政策についての変更は無いものと思われますが、委員からの利下げや量的緩和など、踏み込んだ言及の有無には注視したいところです。


・海外ではビッグスリーの再建案提出でしょうか。これはこの間も書きましたが、再度この問題が蒸し返されます。あとはオバマ政権発足後重要閣僚であるヒラリー・クリントン国務長官が来日されます。1月のFOMC議事録で、何が話し合われたのかにも注目で、いつどのレートで国債を買い入れるのかどうなのか、その点を見極める手がかりになるのかもしれません。


-------------------------------------------------------------------------------------

「多彩な執筆陣と本物を見抜く読者が創り上げる」新しい形態の新聞、ビスタニュース

人気ブログランキングへ
[PR]
by kabu-gion | 2009-02-14 19:56 | スケジュール