タグ:株式 ( 124 ) タグの人気記事

SQ=9386.69円

7月限SQは

9386.69円(推計)

となりました。

なお、上記のSQはあくまでも推計値です。正式なSQは引け後に大阪証券取引所から公表されます。

-------------------------------------------------------------------------------------

世界の株式・為替・債券・商品相場を解説していく宮地塾

「多彩な執筆陣と本物を見抜く読者が創り上げる」新しい形態の新聞、ビスタニュース

人気ブログランキングへ
[PR]
by kabu-gion | 2009-07-10 09:11

7日続落~外為警戒・安値引け

今日の東京株式市場は続落しました。


日経平均 9,291.06(-129.69)円
TOPIX 878.81(-14.63)
225先物(09/09) 9,310(-100)円


USD/JPY(15:30) 93.21円(みずほCBリファレンス)



・昨晩の為替市場は混乱しました。それにしても7連敗ですから、ちょっと泥沼にはまったか?


・NY市場。景気回復が予想以上に遅れるという懸念から序盤プラスで始まったものの、失速していく展開となりました。米エネルギー省が発表したエネルギー在庫統計で予想以上に在庫が増加していたことから原油安の展開、エネルギー関連やGEなどの資本財が売られていく展開となりました。しかし、IMFが世界経済見通しを発表し、来年の世界経済成長率を4月の+1.9%から+2.5%に上方修正しました。これを好感して引け間際に買い上げられてDJIAはプラス圏での引けとなりました。DJIAは14.01ドル高の8,178.41ドル、NASDAQは1.00高の1,747.17となりました。債券市場は堅調、10年債入札が行われ最高落札利回りが3.3365%(市場予想が3.398%)、応札倍率が3.28倍(過去10回平均が2.40倍)、間接Bidが23.9%(過去10回平均が27.9%)と好調な内容となり、これがサプライズ的な内容だったことから特に長期ゾーンが大幅高、10年債利回りは3.306%(前日は3.454%)となりました。外為市場では円が急騰、リスクオフの流れからクロス円に投げが嵩み、ドル円も一時91.82円まで買い進まれました。


・東京株式市場・前場。寄り付き前の外資系証券の売買注文動向は、10社ベースで売り3350万株、買い2160万株、差引1190万株の売り越し、金額9社ベースでも売り越しとの観測となりました。寄り付きは売り気配で始まり、9,350円でスタートした後は一旦9,310円まで下げた後はショートカバーなどが入り、9,380円まで戻し、下げ幅を縮小しました。その後は戻り売りをこなしながら推移、10時30分には9,390円まで戻していく場面がありました。しかし、先物の9.400円のところには1000枚単位の売り指値が控えており、92円台では輸出関連にもあまり買いが入らずの展開で上値が重い展開となっていました。


a0120390_17144100.gif



・後場。アジア株安でSGXで弱含み、9,360円で寄り付いた後は売りが優勢となる展開となりました。外為市場でドル円は落ち着きを払う動きとなっていましたが、金融株の下げがややきつくなり、その後13時1分に9,300円の安値を付ける展開となりました。その後はSQ前ということもあり模様眺めのなかで安値もみ合いの展開が続きました。13時33分には9,290円を付け、一段安になりかける場面もありましたが、下値での買い指値も厚く、売り叩く向きは限定的となりました。終盤まで安値圏でのもみ合いが続き、引けにかけては売り優勢の展開となり、結局安値引けとなりました。出来高は208,017万株、売買代金は1,376,082百万円。債券市場は小反落。米債高や株安などが手伝い買われていく展開も高値警戒感から利食い売り優勢、JGBFは4銭安の138.72円。外為市場はNY市場の波乱を引き継いでドル円も軟調に推移しましたが、92円台では買い物も入り、一時93円台半ばまで買い戻されましたが、そのあたりでは上値が重くなりました。



・今日の相場はDJIAが小反発ながらもCME225先物が円建てで9,295円、ドル建てで9,345円で帰ってきたものですから、それに鞘寄せして始まるのも仕方がいないですね。SQ前ですから変なポジションを取りづらく、また92-93円のレベルであれば日銀短観で示された企業の採算レートである94円半ばのレベルを割り込んでしまっているので、特に輸出企業は買いにくいですね。さらに金融もみずほや大和やオリックスが増資で、大和が値決めのための安定操作期間に入っていますので野村にヘッジの売りが集中しやすくなりますから、そんな感じで金融も買いにくいような展開となるのも仕方がないところです。


・投資主体別売買動向


a0120390_1723280.gif



今週は外国人の買いと自己の売りが目立ちます。自己の売りは裁定解消売りとみてよいのですが、225ベースで先物を売っていたのが金融法人4主体(生損保・都地銀・信託銀・その他金融法人)で合計356億円の売り越しとなっていました。このことから、先物へのヘッジ売りの主体に対して裁定解消売りが現物に出され、それを外国人が買い向かったという構図です。外国人は先物でも若干買い越しです。買いの意図は良く分かりませんが、それなりの量ですから、継続性に注目でしょうか(とはいえ7月1日以降負けっぱなしですから売っているのでしょうけど)。個人は相変わらず信用で買い長となっちますね。個人信用に関してはまだまだ難平が効くレベルなのかもしれませんが、評価損益率が悪化して持ちこたえられずにある程度投げないことには需給面での整理がつかなくなるわけで、まだまだ買い下がりの余裕がある現段階では調整は未了なんでしょうね。


・明日はSQ。一体どの価格で決まるのでしょうか?

-------------------------------------------------------------------------------------


世界の株式・為替・債券・商品相場を解説していく宮地塾
「多彩な執筆陣と本物を見抜く読者が創り上げる」新しい形態の新聞、ビスタニュース

人気ブログランキングへ
[PR]
by kabu-gion | 2009-07-09 17:03 | マーケット雑感

6日続落~連敗街道まっしぐら

今日の東京株式市場は続落しました。


日経平均 9,420.75(-227.09)円
TOPIX 888.54(-20.59)
225先物(09/09) 9.910(-230)円


USD/JPY(15:30) 94.19円(みずほCBリファレンス)



・連敗街道は野球の話だけにしてほしいですが、どうやら下げトレンド入りしたことは確かなようです。


・NY市場。米政府の経済再生諮問会議のローラ・タイソン氏が現状の景気認識について「予想されたよりも悪い」と述べ、さらに7870億ドルの景気刺激策はやや小さすぎると発言、景気刺激策の第2弾を行うべきと発言したことをきっかけに景気に対する楽観的な見方が後退、キャタピラーやGEなど資本財などを中心に売りが先行しました。原油相場も大幅安となり、エネルギー関連も安くなりました。DJIAは161.27ドル安の8,165.60ドル、NASDAQは41.23安の1,746.17となりました。債券市場は堅調、株安が追い風になりました。また3年債の入札が行われ、最高応札利回りが1.519%(市場予想は1.473%)、応札倍率が2.62倍(前回は2.82倍)、間接Bidが54%(前回は48%)となり、順調なものとなったことも買い安心感を誘いました。10年債利回りは3.454%(前日は3.510%)。外為市場はリスクオフの動きから円が買われる展開となりました。個別に英商工会議所がイングランド銀行に対して景気回復を支援するための量的緩和プログラムの拡大を奨励したことからポンドが売られました。


・東京株式市場・前場。寄り付き前の外資系証券の売買注文動向は、10社ベースで売り2280万株、買い2300万株、差引20万株の買い越し、金額ベースでも買い越しとの観測となりました。8時50分に5月の機械受注の発表があり、電力・船舶除く民需は市場予想の+2.1%に対して、


-3.0%


となりました。これを受けてSGXでは売り優勢となっていきました。寄り付きは売り気配スタート、9,530円で始まりました。その後は買い戻しも入ったものの、9,500円台後半のところでは売りも出され、買い手掛かり不足のなか売り物に押されていく展開となりました。そして9時34分に9,500円を割り込むとやや売りが加速する展開となり、10時23分には9,450円まで売られ、下げ幅が大きくなっていく展開となりました。


a0120390_17573050.gif



・後場。後場寄りは前引けよりも安いところで始まり、12時49分には9,420円まで下げ、さらに12時52分には9,410円まで下落し、下げ幅が2330となっていきました。その後は下げ渋りの展開となり、13時以降はもみ合いの展開となりました。外為市場でドル円が94円台前半のところまで下落していくような形となると輸出関連は買い手控えられ、さらに内需系の証券や不動産も売られて全面安商況となっていきました。出来高は212,825万株、売買代金は1,446,013百万円。債券市場は機械受注の悪さや株安が追い風となりました。JGBFは29銭高の138.75円となりました。外為市場ではクロス円中心個人の投げが嵩む展開となり、ドル円も一時94.13円を付ける場面がありました。



・テクニカル的には6月12日の10,170.82円から一度下げてその安値が6月23日の9,511.45円、そこから戻り高値が7月1日の10,086.18円で今回の下げで6月23日の安値(ネックライン)を割ってしまいましたので、この2つの高値がダブルトップとして確定したということになります。25日線も下向きになり当面は戻り売りのスタンスになりやすくなるため反発があっても戻りは抑えられる可能性があります。下値支持線を確認しておくと、


 75日移動線・・・9,234.85円
 一目先行スパン(雲)上限・・・9,301.85円
 200日移動線・・・8.989.94円
 26週移動線・・・8,718.57円


こんなところがあげられます。


・今回の下げについては、やはり株式市場などのリスク市場が期待先行で騰がってしまった分の反動というか反省なんでしょう。タイソン氏が7870億ドルの景気刺激策では足りないほどリセッションは深刻なんでしょうし、市場では期待されていた機械受注が失望を誘うものとなったりしており、この点で実体経済との修正が必要な時期に入っているといった感じなのでしょう。そして今晩のアルコアの決算発表から相場はマクロというよりはミクロの企業決算に目が移ります。特に米銀には注意でしょう。ストレステストの前提条件8.9%に対して超過した6月の失業率9.5%の影響は?というところもあるのでしょうね。

-------------------------------------------------------------------------------------


世界の株式・為替・債券・商品相場を解説していく宮地塾
「多彩な執筆陣と本物を見抜く読者が創り上げる」新しい形態の新聞、ビスタニュース

人気ブログランキングへ
[PR]
by kabu-gion | 2009-07-08 17:58 | マーケット雑感

5日続落~7月は未だ白星なし

今日の東京株式市場は続落しました。


日経平均 9,467.79(-35.08)円
TOPIX 909.13(-3.29)
225先物(09/09) 9,640(-60)円


USD/JPY(15:30) 95.24円(みずほCBリファレンス)



・梅雨空のような東京マーケット。今日は満月+七夕。潮目が変わるのでしょうか?


・NY市場。6月のISM非製造業景気指数は47.0となり、前月の44.0や市場予想の46.0を上回りました。しかし、原油などの商品市況が下げる中エネルギーや素材などが軟調推移となり、上値が重い展開が続きました。しかし、引け際に買い物が入ってDJIAやS&Pはプラス圏での引けとなりました。個別でアメックスが投資判断引き上げを受けて上昇、指数を牽引しました。DJIAは44.13ドル高の8,324.87ドル、NASDAQは9.12安の1,787.40となりました。債券市場は2年債が3日続伸、10年物物価連動債の入札が行われ、最高落札利回りが1.902%(市場予想が1.933%)、応札倍率が2.51倍(前回は2.25倍)、間接Bidが49.7%(前回は26.2%)となり、順調な入札となったことから短中期債が買われる展開となりました。10年債利回りは3.510%(前日は3.502%)。外為市場はリスクオフの動きからドルと円が堅調、とりわけイングランド銀行が資産購入規模を250億ポンドに拡大するとサンデーテレグラフ紙が伝えたことからポンドが下落しました。


・東京株式市場・前場。寄り付き前の外資系証券の売買注文動向は、売り2270万株、買い1890万株、差引380万株の売り越し、金額9社ベースでは買い越しとの観測となりました。寄り付きは買い先行で始まり、9時2分には先物で9,740円まで買い進まれましたが、足元でドル円が95円台前半で推移していることから輸出関連が手掛けづらくその後は売りが出されて9時15分には9,650円まで売られ、小幅安水準での推移となりました。10時9分には9,620円まで売られ下げ幅を広げる場面もありましたが、その後は買い戻しや押し目買いなども入り、9,650円のところで推移していく展開となり、もみ合いの展開で前場の取引を終えました。


a0120390_16371136.gif



・後場。後場寄りは前引けと同値近辺で寄り付いた後、アジア市場の堅調な流れを受けて小幅高水準で推移していく展開となりました。ただ、上値を買っていく動きもみられず、材料株の一角が崩れていくなど地合の好転には程遠い展開のまま、13時台後半から再度9,650円近辺での推移となりました。その後は方向感なく推移し、徐々に値を切り下げていく動きとなりました。一時前場安値の9,620円を付ける場面もありました。結局軟調な動きのまま引けました。出来高は203,875万株、売買代金は1,377,547百万円。債券市場は小動きも現物10年債は1.3%を割り込む場面もありました。JGBFは11銭安の138.47円。


・それにしても7月は未だ白星なしで5連敗、野球チームではないですが、ちょっと負けが込んできました。95円台前半のところでドル円は推移しており、これだと輸出は買えませんし、短観や雇用統計以降「(景気回復という)期待と(景気が回復していない)現実」とのギャップを修正しようとする自律的な動きが作用しているのかもしれませんね。だから景気敏感の市況関連や銀行などを売ってJR東日本やNTT、武田薬品や東ガスなんかが買われるわけです。


・上値が重いのはそれなりに理由があります。一つは何回か書いたところですがグローバルレベルでのリスクオフの動き(株式や商品などのリスク資産を見合わせる動き)があることは確かです。6月までちょっと期待先行で買いすぎたところがあってその反省なんかがあるのかもしれません。もう一つは高値で買いついた向きがしこってしまっている(=買い残増加) というのも上値を重くしている理由でしょう。7月3日申込現在の三市場信用残高は以下の通りです。


信用売残 918,839(+15,245)百万円
信用買残 1,557,649(+48,023)百万円


信用倍率 1.695倍


こんな感じで週ごとに取組が悪くなっています。買い方の評価損益がそれなりに良いので、高い所で買いついた銘柄などを難平買いなどをしているのでしょう。それゆえ需給上ではますます上値が重くなっています。例えばここまでの個人の中核銘柄はGSユアサで、それに関しては完全にチャートが崩れたにも関わらず買い残が増えています。それだけテーマは終わってはおらず未だ先高観が強いのでしょうけど、一方で高値の信用買残は売り予約以外の何物でもありませんから、これが大きくなってしまうとますます上値が重くなってしまいます。いずれにしてもここからさらに値幅と日柄の整理が終わらないと、ちょっと上値をトライするのは難しいのでしょうね。値幅調整に関しては3月以降全くやってこなかったので、少し調整幅が大きくなっていく可能性もあるのかな?という感じです。



・上値が重くなる三つめはエクイティ・ファイナンスの多さでしょうか。多さというよりも大きさですね。みずほの6000億円に続いてオリックスの1000億円、ANAの1000億円と続きます。当然ニューマネーの流入で手当てをするのではなく何かを売ってファイナンス資金に充当するわけですから、ダイリューションが起こる当該銘柄以外にも他の銘柄も値動きが悪くなりガリです。こんな感じで株式市場の需給は日に日に悪化しているという感じですから、当面はレンジ相場にしても上値というよりは下値のリスクの方が大きいという気がします。

-------------------------------------------------------------------------------------


世界の株式・為替・債券・商品相場を解説していく宮地塾
「多彩な執筆陣と本物を見抜く読者が創り上げる」新しい形態の新聞、ビスタニュース

人気ブログランキングへ
[PR]
by kabu-gion | 2009-07-07 16:38 | マーケット雑感

4日続落~調整色濃い展開

今日の東京株式市場は続落しました。


日経平均 9,680.87(-135.20)円
TOPIX 912.42(-8.20)
225先物(09/09) 9,700(-140)円


USD/JPY(15:00) 95.41円(みずほCBリファレンス)



・今日は所用で出かけておりまして相場をみておりませんでした。ので雑感のみを。


・4日続落は昨年の10月以来ですから、調整色がますます強まったという感じです。


・NY市場がお休みでしたので、手掛かり材料がないところで、シカゴの夜間取引を受けて下げてしまったというところで、東京の株も安くなってしまいました。いわゆる「リスクオフ」の動きが株安から為替市場なりコモディティなりに出てしまったということなのでしょう。5月の雇用統計で楽観モードが発動されリセッションの早期終了観測だの出口戦略だのいわれていたのが6月の雇用統計でそれが間違いだったことに気付いたわけです、そに反省から楽観相場の修正が起こっています。そういった流れなのでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------------


世界の株式・為替・債券・商品相場を解説していく宮地塾
「多彩な執筆陣と本物を見抜く読者が創り上げる」新しい形態の新聞、ビスタニュース

人気ブログランキングへ
[PR]
by kabu-gion | 2009-07-06 17:52 | マーケット雑感

3日続落~雇用統計ショックでも高値引け

今日の東京株式市場は続落しました。


日経平均 9,816.07(-60.08)円
TOPIX 920.62(-3.40)
225先物(09/09) 9,840(-50)円


USD/JPY(15:30) 96.08円(みずほCBリファレンス)



・雇用統計明けの金曜日ってなんだか感覚わきませんね。


・NY市場。6月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が46.7万人減(市場予想は36.3万人減)、失業率は9.5%(市場予想は9.6%)となりました。これを受け株式市場ではリセッションが長引く可能性から売りが出され、3連休前の手控えムードも手伝い下げ幅を広げていきました。DJIAは223.32ドル安の8,280.32ドル、NASDAQは49.20ドル安の1,796.52となりました。債券市場は短中期債中心に買われました。雇用統計を受け、出口戦略が凍結されたとの見方からFF金利先物が上昇、それを受け金利裁定が働きやすい短・中期債に買いが入りました。2年債は0.985%(前日は1.049%)、10年債利回りは3.502%(前日は3.548%)となりました。外為市場では雇用統計を受け高金利通貨を中心に売られ、ドルや円が買われました。またECB理事会において政策金利は1%に据え置き、1年物資金の入札を行い市中銀行に4420億ユーロを融資すること、カバードボンド600億ユーロの購入を決定し、会合後のトリシェ総裁の会見では「記録的な低水準である1%の政策金利は『適正』」と述べたことからユーロが安くなる展開となりました。


・東京株式市場・前場。外資系証券の売買注文動向は、10社ベースで売り2560万株、買い1910万株、差引650万株の売り越し、金額9社ベースでも売り越しとの観測となりました。寄り付きは売り気配スタート、9,710円で取引を開始しました。ほぼ全面安の展開で先物で一時9,680円まで付ける展開があった後は下げ渋りの展開となり、9,700円近辺のところでもみ合う展開となりました。そして10時過ぎに先物にまとまった買い物が入り、10時7分に9,780円まで急戻しの展開となっていきました。その後は9,700円台後半のところで小動きとなっていきましたが、10時53分に9,790円を付ける場面もあり、現物の下げ幅は100円を割るところまで戻していきました。


a0120390_16452013.gif



・後場。後場寄りは9,790円で始まった後、9,800円まで付ける展開がありましたが、週末を控えて動意薄の展開となっていき、戻り売りやポジション調整の売りなども入り13時には9,720円まで下げていきました。その後は9,750円のオプションの権利行使価格近辺で推移していきました。週末ということもあり静かな取引となっていたのですが、14時26分には先物に大口のロットが入り急戻しの展開となり、一時9,820円を付けていく展開まであり、その後大引けまでは9,800円のところでの取引となりました。大引けはインデックス買いが入り高値引けとなりました。



・雇用統計を受けNY市場が大きく下げていく中で底堅いなぁ、なんて感じていました。押し目は買われますね。それにショートカバーもそれなりに入ったのでしょう。


・雇用統計に関する見方としてはネガティブな内容と考えます。5月は非農業部門雇用者数が予想外に減少幅が大幅縮小していて、ポジティブサプライズとなったわけですが、今回はそれを引き継いでさらなる雇用改善が見込まれるのではないか?ということにはならなかったのはネガティブですし、非農業部門雇用者数の減少幅が縮まっているのはあくまでも人員整理の圧力が一巡した結果であり、新規採用が増えるわけではありません。ですから失業率が高止まりするわけです。


・マネーの動きとしてはこの結果を受けて、市場に燻ぶる出口論について凍結されていったことからまず短期金融市場でFF金利先物が買い進まれていったことから早期の利上げ論が消えました。このことから金利据え置き期待から金利裁定が効きやすい短期債が買い進まれる動きとなりました。一方でリスク資産は買いづらくなります。株式や商品、高金利通貨は当然売りの対象となります。マネーの流れからすればこの指標だけで潮目が変わったという感じではありますが、ネガティブな材料が出たときにはこういう反応をする、ということは常に意識しておいた方が良いと思われます。


・それでは今週もお疲れさまでした。良い週末をお過ごしください。

-------------------------------------------------------------------------------------


世界の株式・為替・債券・商品相場を解説していく宮地塾
「多彩な執筆陣と本物を見抜く読者が創り上げる」新しい形態の新聞、ビスタニュース

人気ブログランキングへ
[PR]
by kabu-gion | 2009-07-03 16:47 | マーケット雑感

続落~大台にはタッチできず寄り天

今日の東京株式市場は続落しました。


日経平均 9,876.15(-63.78)円
TOPIX 924.02(-4.28)
225先物(09/09) 9,890(-40)円


USD/JPY(15:30) 96.60円(みずほCBリファレンス)



・月一イベント雇用統計前にしてこんな展開になるのもやむを得ないのでしょうね。


・NY市場。経済指標では6月のADP全米雇用報告が47.3万人減少(市場予想は39.3万人減)となり、寄り付き後に発表された6月ISM製造業景気指数は44.8(前月は42.8、市場予想は44.5)とまちまちながらもISM景気指数の改善を手掛かりに買い進まれる展開となりましたが、翌日に6月の雇用統計の発表を控えていることから次第に上げ幅を縮める展開となりました。個別でロシアでの工場を拡大する可能性を明らかにしたクラフトフーズがDJIAを牽引しましたが金融は軟調となりました。DJIAは57.06ドル高の8,504.06ドル、NASDAQは10.68高の1,845.72となりました。債券市場は短期債が買われ、長期債が小動きでスティープニングの動きとなりました。サンフランシスコ連銀のイエレン総裁が数年間にわたって金利をゼロ付近に維持することが可能性の範囲に絶対に含まれないわけではないとの発言から短期債が買われるも、来週に10年TIPS92億ドル、3年債364億ドル、10年債190億ドル、30年債110億ドルの入札を控えてヘッジの売りが出され長期債は横ばい、10年債利回りは3.458%(前日は3.536%)。外為市場ではISM製造業景気指数が良好な数字だったことからドル売りとなりました。


・東京株式市場・前場。寄り付き前の外資系証券の売買注文動向は、10社ベースで売り2560万株、買い1910万株、差引650万株の売り越し、金額9社ベースでの売り越しとの観測となりました。寄り付きは9,970円で寄り付いたものの、現物が先物よりも高く寄り付き10,000円の大台に接近していたことから現物売り/先物買いの動きとなり、寄り天井となっていきました。その後は売り物も出され、一時9,920円まで売られた後は9,900円台前半のところでもみ合う展開となりました。


a0120390_1774280.gif



・後場。後場寄りは前引けとそれほど変わらないところで寄り付き、その後は一旦9,960円まで買われたものの、10,000円接近のところでは戻り売りも多く出され、次第に前日比終値近辺でのもみ合いとなっていきました。しかし、13時30分過ぎに先物に売りが出されると小幅安水準で軟調に推移していきました。一旦9,870円まで売られる場面もありましたが、売り叩く向きも限られ、9,900円付近での小動きとなっていきました。そして大引けはやや売り物が出され、安値圏での引けとなりました。債券市場は小幅続伸、10年債入札が行われ、最低落札価格が100.37円、応札倍率が2.26倍となったことで無難と受け止められ、ヘッジ外しの動きがみられました。JGBFは2銭高の138.20円。外為市場ではドル円が動意薄、今晩の雇用統計を控えて小動きに終始しました。



・今日の相場はイレギュラーな木曜日発表の雇用統計を控えているわけですから、こんな動きになるのも仕方がないでしょうね。動意なんてなく商いも薄いですから、こんなものなのでしょう。


雇用統計の予想は非農業部門雇用者数が36.5万人減、失業率は9.6%となっています。雇用統計なんて当たらないのですよね。5月の非農業部門雇用者数は予想よりも20万人くらい良かったわけで、あの数字には???という感じなのですよね。6月もGM破綻はどがあったので個人的には36.5万人よりも減少幅は大きいだろうと思うのですが、良く分かりません。それでマーケットが動いてしまうから厄介なところです。とりあえずポイントとしては、非農業部門雇用者数が市場予想よりも悪い場合には株安・債券高・ドル高を想定でしょうけど、良かった場合には度合いによりますが債券安なのでしょう。ポジティブサプライズだった場合には、6月よりは沈静化していますが、再度出口論が燻ぶる可能性もあり、その場合には債券は長期中心に売られる可能性もありますし、株も上値が重くなりやすいです。市場予想通りの着地であればちょうどいい感じで3連休なのでしょうけどね。


・投資主体別売買動向。


a0120390_178584.gif



先週は信託銀行と自己(裁定買い)が買って外国人と個人が売り越したという感じですね。個人に関しては信用買い残が増えていますので現物での戻り売りが結構出たようです。信託銀行はなぜ買ってきたのか、その背景は良く分かりません。そして外国人については225先物で2642億円買い越しているので、現物売りの先物買いで差引実質買い越しとなっているのですが、これも良く分かりません。現物ショートして先物でヘッジしている向きもあれば、先物でショートを振っていた筋が買い戻していたりする可能性もあります。ちょっとまばらで方向感が見えない主体別動向だったかなぁ、という感じですね。相場の方向性もあまりなかったですから、こんな感じになるのかもしれませんね。


-------------------------------------------------------------------------------------


世界の株式・為替・債券・商品相場を解説していく宮地塾
「多彩な執筆陣と本物を見抜く読者が創り上げる」新しい形態の新聞、ビスタニュース

人気ブログランキングへ
[PR]
by kabu-gion | 2009-07-02 17:09 | マーケット雑感

反落~高値波乱で行って来い

今日の東京株式市場は反落しました。


日経平均 9,948.90(-9.54)円
TOPIX 928.30(-1.96)
225先物(09/09) 928.30(-1.46)


USD/JPY(15:30) 96.70円(みずほCBリファレンス)



・14時30分過ぎからまさに梅雨の終盤の大雨の雰囲気でした。この波乱は下半期相場を暗示するのでしょうか?


・NY市場。寄り付き前に4月のS&Pケース・シラー住宅価格指数が発表され、前年比-18.1%となり、市場予想を上回りました。また寄り付き直後の6月のシカゴPMIは39.9となり市場予想(39.0)を上回り、小幅高で推移していましたが、10時発表の5月のコンファレンスボードの消費者信頼感指数が49.3(前月は54.8、市場予想が55.0)となり、予想外に悪化していたことを受け下げに転じていきました。原油先物も下落していたことからエネルギー株が売られる展開となり、また個別にキャタピラーなどが下げる展開となりました。DJIAは82.38ドル安の8,447.00、NASDAQは9.02安の1,835.04となりました。債券市場は軟調。こちらはシカゴPMIが上振れたことから売りが優勢となりましたが、FRBが償還期限2016年5月-2019年2月の債券70億ドルを購入、下値は限られました。10年債利回りは3.536%(前日は3.478%)。外為市場は6月のコンファレンスボードの悪化からドル買いの動きとなりました。個別で経常黒字に転じた南アフリカランドが買われました。


・東京株式市場・前場。寄り付き前の外資系証券の売買注文動向は、10社ベースで売り1500万株、買い1970万株、差引470万株の買い越し、金額9社ベースでは売り越しとの観測となりました。8時50分に6月調査日銀短観が発表され、


 大規模製造業業況判断DI >-48(Est.-43 3月は-58)
 大規模非製造業業況判断DI -29(Est.-27 3月は-31)


このようなものとなりました。朝方は売り優勢で始まり、9,870円で寄り付いた後は日銀短観を受けてドル安に進んでいたことからやや買い優勢の展開となり、一時9,970円まで戻していきました。さらに10時に発表された6月の中国製造業PMIが53.2(前月は53.1)となったことを受け、先物で一時9,990円まで買われ、10,000円の大台に肉薄しました。その後は大台手前で一進一退の動きとなっていきました。


a0120390_1725052.gif



・後場。後場寄りは前引けよりもやや高い所で始まりました。そしてその直後に10,000円にタッチ、現物は12時33分に大台乗せとなりました。そしてさらに急伸し、一時10,080円まで買い進まれる動きがありました。その後は10,000円台中盤のところで一進一退の値動きとなりましたが再度買い優勢となり、14時3分に10,090円まで騰がっていく展開となりました。その後も10,000円台中盤のところでもみ合う展開となりましたが、14時30分過ぎから先物に数千枚の売りが出され、短期筋の投げも重なり、9,920円まで下がっていきました。その後も後場の安値圏で推移し、結局マイナス圏に沈んだまま引けました。債券市場は朝方は利食いも入り、下げ幅を広げる展開となりましたが、株安から押し目買いも入り切り返しました。JGBFは8銭高の138.18円。外為市場では日銀短観がネガティブ視され、ドル円が買い進まれる展開となり、一時97円を回復する場面もありました。



・まぁ、行って来いを作ったのは10,000円を突破して2万9000枚ほど建玉があるコール10,000円の売り方のデルタヘッジを巻き込んで10,090円まで行ったのですが、それが一巡して仕掛けの売り物が出されて短期筋の投げが嵩んだといったところでしょうね。何故100円高も騰がったの?という感じもしていましたが、行って来いになってチャラというイメージなんでしょう。とにもかくにもこれで新しいしこりを作って10,000円がなおさら壁として意識されてしまうと、テクニカル的に仮に9,500円レベルを割り込んでいった場合には今日の長い上髭でダブルトップになるかもしれませんね。



・日銀短観について。個人的にはそんなにネガティブではなく、むしろポジティブだったかなぁ、なんていう感じもします。大規模製造業業況判断DIについて4-6月でモメンタムが強まり7-9月で鈍化することが市場コンセンサスだったわけですから、その逆はサプライズだったのでは、というところです。鉱工業生産でも7-9は鈍化して全般経済も夏場からモメンタムが鈍化してやがて2番底確認というシナリオが優勢だったはずで、先行きのモメンタムが強まっていくことにはむしろポジティブだったと感じたのです。6月に関してはあまりにも市場予想のハードルが高すぎてそれに追いつけずにがっかりしてしまったという感じなのでしょう。市場はちょっとわがままですね。ネガティブという色眼鏡を掛けてしまうわけですから。


・とはいえ、個別項目は結構きついです。星取表でいきましょう。


 国内外の製品・サービス需給 ○
 在庫 ○
 経常利益計画 ●
 設備投資額 ●
 雇用人員(過剰-不足) ●
 資金繰り ○


とくに厳しいのは設備投資。雇用人員にも過剰感がありますから足元のストック調整圧力は相当強いようです。ですから経済がここから回復しても低空飛行は余儀なくされる可能性が高いのでしょうね。



・気がかりなのは今日の日経にもありましたが、オリックスとANAが巨額増資計画を出してきたことですね。みずほも6000億円の普通株増資で決まりましたから、足元でマーケットからの資金回収圧力が相当増してきています。これまでは資本増強を図らなければいけない金融がメインだったわけですが、今後はメーカーまで広がっていく可能性が高まっているような話も聞きます。ダイリューションは当然あるわけなのですが、パッシブ運用のポートフォリオを組むファンドにしても増資銘柄のウエイトを大きくせざるをえないわけですから、その分キャパは決まっているので他の銘柄を売らざるを得ません。金額が大きくなっていくほどマーケット全般に売り圧力が増していくということだけは留意したいところです。


-------------------------------------------------------------------------------------


世界の株式・為替・債券・商品相場を解説していく宮地塾
「多彩な執筆陣と本物を見抜く読者が創り上げる」新しい形態の新聞、ビスタニュース

人気ブログランキングへ
[PR]
by kabu-gion | 2009-07-01 17:05 | マーケット雑感

急反発~ドレッシングの香り漂う相場

今日の東京株式市場は反発しました。


日経平均 9,958.44(+174.97)円
TOPIX 929.76(+14.44)
225先物(09/09) 9,930(+110)円


USD/JPY(15:30) 95.74円(みずほCBリファレンス)



・まぁ、場中にそれなりに入ったのかもしれませんね。四半期末ですから一応の節目です。


・NY市場。ウィンドードレッシングの買い観測が流れ薄商いの展開でしっかりとなりました。原油が2.33ドル高だったことからエネルギー株がしっかりという展開となりました。ドイツ銀行がマイクロソフトの目標株価を30ドルに引き上げたことも好感されました。DJIAは90.34ドル高の8,529.38ドル、NASDAQは5.84高の1,844.06となりました。債券市場は中国人民銀行の周小川総裁が外貨準備政策に変更なしとの発言や資産ポートフォリオに入れ替えに伴いドル建て資産を増加させているという動きから債券買いの動きとなりました。10年債利回りは3.478%(前日は3.528%)。外為市場は欧州委員会の6月ユーロ圏景況感指数が予想以上に上昇し、株高も手伝いドルと円が売られる展開となりました。


・東京株式市場・前場。寄り付き前の外資系証券の売買注文動向は、10社ベースで売り1850万株、買い1480万株、差引370万株の買い越し、金額9社ベースではやや買い越しとの観測となりました。8時30分にいくつかの経済指標が発表され、完全失業率は5.2%(Est. 5.0%、有効求人倍率は0.44倍(Est.0.45倍、過去最低)となりました。寄り付きは買い気配で始まり、先物は9,920円で寄り付きました。その後先物にまとまった買いが入り、9時34分に先物で10,000円を付けました。その後はその近辺での売り買い攻防の展開となり、10時11分に現物も10,000.30円を付け、大台を一時回復する場面もありました。戻り売りが優勢となる場面もありましたが、ドレッシング買い期待も強く、買いも入っていたことから拮抗した値動きとなりました。


a0120390_17183819.gif



・後場。後場寄りは前引けとあまり変わらないところで寄り付いた後、売り買いが拮抗する展開となりました。13時台にやや売り物が出されていくものの、ドレッシング買いへの期待からその後は買われ、先物で9,990円まで付ける場面もありました。引けではインデックス売りが優勢となり、終値で10,000円を回復することはできませんでした。債券市場は続伸。小反落で始まった後CTA筋と思われる買いなどが入りしっかりの展開となりました。JGBFは前日比22銭高の138.10円。外為市場では仲値不足観測があったものの買いは入らず、ドル円は次第安の展開となっていきました。



・今日のところは何も材料がなかったわけですが、基本的にはドレッシング期待が相場を押し上げたという感じなのでしょう。値嵩株が強く、他はそんなに高くはないような感じの相場でしたからね。とはいえ10,000円以上では売り物も相当出されており、売り方以外は誰が高値で買うのだろう?という雰囲気もなかったわけではないようです。


・6月は4カ月連続で陽線引けとなりました。イベントの谷間でしたからそれなりに売りニーズも少なかったような相場でした。今のところSQ天井となった感が強いですが、7月はどうなりますか。7月相場を占う上で重要なことはイベントの影響でしょうね。国内では政局、海外では金融決算でしょうか。国内の政局は非常に混沌としており、東京都知事選あたりが一つのポイントとなりますね。


・海外では金融機関の決算動向でしょうか。商業用不動産ローンやクレジットカードローンでどの程度貸倒引当金を計上する必要があるのか、といったところでしょう。当然4月に計上した負債利益という下駄は外れます。商業用不動産に関してはあまりに情報が伝わってこないので不透明極まりないのですが、クレジットカードローンの貸倒については4月にも述べましたが、失業率と比例します。


バンカメ(BOA)のクレジットカード貸倒率と米失業率(出所:バンカメの決算資料)


a0120390_17203391.gif



この図は4月の時のものでしたが5月の失業率は9.4%で、6月は9.6%が予想されています。これを受けてクレジットローンの貸倒は4月のものよりも大きくなっていくものと予想されます。このあたりが7月相場の不安材料でしょうか。北浜では「天神底」という言葉もあるように7月はパフォーマンスがあまり良くないのですよね。今年はどうなりますやら。


・今月もお疲れさまでした。

-------------------------------------------------------------------------------------


世界の株式・為替・債券・商品相場を解説していく宮地塾
「多彩な執筆陣と本物を見抜く読者が創り上げる」新しい形態の新聞、ビスタニュース

人気ブログランキングへ
[PR]
by kabu-gion | 2009-06-30 17:21 | マーケット雑感

反落~それなりに悪材料が

今日の東京株式市場は反落しました。


日経平均 9,783.41(-93.92)円
TOPIX 915.32(-11.44)
225先物(09/09) 9,820(-80)円


USD/JPY(15:30) 95.40円(みずほCBリファレンス)



・まぁ、悪材料は結構でましたね。環境関連も主役交代?


・NY市場。5月の個人消費支出は前月比+0.3%となり、貯蓄率が過去15年で最高を記録したことにより個人消費の減速感が示されたことから売り優勢の展開となりました。原油先物が1%の下落となり、エクソン・モービルなどのエネルギー株が軟調、個別決算動向では住宅建設のKBホームの純損失が市場予想を大きく上回り、半導体のマイクロンも同様に純損失が拡大されたことも嫌気材料となりましたが、携帯情報端末のパームの第4四半期決算は純損失が市場予想を下回ったことから急騰、結果としてハイテクは買われ、主力は小安いといった展開、またRussel2000の入れ替えからNASDAQは大商いとなりました。DJIAは39.41ドル安の8,438.39ドル、NASDAQは8.68高の1,838.22となりました。債券市場は変わらず。PCEデフレーターが前月比+0.1%(Est.+0.3)となったことからインフレが緩和されており、FOMCは年内ゼロ金利政策を維持するとの見方から底堅い展開となりました。10年債利回りは3.528%(前日は3.526%)。外為市場は中国人民銀行がIMFに対して加盟国の外貨準備の一部を管理すべきと提言したとのことでドルが売られる展開となりました。スイス国立銀行が自国通貨売り介入を続けるとの見方からスイスフランが安い展開となりました。


・東京株式市場・前場。寄り付き前の外資系証券の売買注文動向は、10社ベースで売り1780万株、買い1390万株、差引390万株の売り越しも金額9社ベースでは買い越しとの観測となりました。8時50分に5月鉱工業生産指数が発表され、市場予想+7.0%に対して、


+5.9%


となりました。寄り付きは現先ともに小幅安で始まった後に売りをこなしながら次第に切り返していく展開となりました。その後は9,900円台の前半のところで推移し、10時30分に今日の高値9,950円を付ける形となりましたが、10,000円を目前にして上値を追いづらい展開となっていきました。前引けはそれでも高値圏での取引終了となりました。


a0120390_19391725.gif



・後場。後場寄りは前引けとそれほど変わらないところで寄り付きました。しかし、上値は重く、次第に戻り売り優勢の展開となっていきましたが、13時過ぎにBloombergが、


みずほFG:今週中にも普通株6000億円の募集開始-関係者


と流し、同社株が急落していく展開の中でTOPIX主導でマイナスに転じた後は売り物が出されていく展開となり、日中安値を切り下げていく展開となりました。一時9,750円まで下げる展開となり、全面安に近い展開となりました。金融株や市況関連株、あるいはゴールドマンが「売り」でカバーを開始したGSユアサがストップ安になるなどしてグリーンエネルギー関連も総崩れとなりました。引けはやや値を戻して取引を終えました。


・いろいろな悪材料が出てきましたから、仕方がないですね。いくつかありました。


・GSユアサに関しては、個人投資家の動向を図る上で指標的な銘柄となります。つまり、急騰していく銘柄を担保に入れて信用で何か他の銘柄を物色(二回建ても含む)しており、この銘柄が崩れると他のところに波及していく構図があります。実際この銘柄についてはゴールドマンが「売り」を出してきたのですが、その理由がPERが高くテーマ性で急上昇した銘柄は間もなく急落したケースが多いとしているのだそうです。個人的にも割高なんでしょうし、今の相場はあくまでも理想買いに過ぎず、現実にリチウムイオン電池や電気自動車が普及し、確実な利益成長が見込める現実買いのフェーズになるのかどうかがこの銘柄を占う上で重要になるのではないかと思います。まぁ、実際収益があがるには時間がかかるのかもしれませんが。


・みずほFGの増資について。予想はされていたことなのでそんなに違和感がありません。ただ、先週末に大和証券G本社が増資を発表し、これが意外だったことから同社株が急落していったことから増資というネタには相当神経質になっているのかな?という感じがします。(意外なところが出たらごめんなさい)金融系の大所のファイナンス関しては大和とみずほさえやってしまえば当面は出尽くしになるのでしょう。


・非鉄など市況関連の地合を悪くさせたのが中国の国家発展改革委員会が備蓄のための非鉄金属の買い付けを一時停止と伝わってきたことでした。中国は4兆元の景気刺激策を行ってインフラ整備など内需刺激の経済対策を行っており、このために非鉄などが戦略備蓄として買ったことから非鉄市況では需給がタイトになり、価格が大きく上昇、コモディティ全般に波及して騰がっていきました。しかし、中国がこれをやめるとなれば(中国のぞく)世界的なリセッションがあるわけですから、デマンドが落ちてきて商品の需給は緩みます。そうなれば商品の価格にも波及していくわけでして、今晩のKMEなりNYの商品市場の動向に注目していかなければならないようです。


・個人的に中国というのはバブルになっている国だと思われます。外需はダメですので電力使用量などに反映され、工場閉鎖もまだまだ続いているのですが、この国のM2と固定資産投資の伸びをみていると明らかにバブル的なにおいがするのですよね。固定資産投資では第一次産業とか第二次産業中心に伸びており、ストックバブルに入っている可能性があります。あるいは最近の特徴としては人民銀行が市中銀行に貸し出しを増やすようにノルマが課せられているため、その結果M2が相当伸びていることに反映されていますが、そのうち何割かが株なり不動産なりに向いており、政府系エコノミストが中国に資産バブルの兆候があると指摘しているようです。

-------------------------------------------------------------------------------------


世界の株式・為替・債券・商品相場を解説していく宮地塾
「多彩な執筆陣と本物を見抜く読者が創り上げる」新しい形態の新聞、ビスタニュース

人気ブログランキングへ
[PR]
by kabu-gion | 2009-06-29 19:43 | マーケット雑感